FC2ブログ

お薦めのTHE BEATLESのカバーアルバム 15

クラッシック系の音楽は小さい音がら大きな音まで、ダイナミックレンジが幅広いので整体院等のBGMには不向きだと言う意見があります

静かにリラックスしている時にいきなり大きな音が鳴る事があるからです

特に、ピアノの独奏はピアノピアニッシモからフォルテフォルテッシモまで表情豊かに演奏される事が多いのでなおさらかも知れません

なので、整体院プラスワン。でもクラッシックをBGMにする時はかなり気をつけています

今回のビートルズカバーは、そんなクラッシック系のピアノソロによるカバーアルバムです


ベルギー出身のピアニスト・フランソワ グロリューによる「Glorieux Plays the Beatles」は1970年代に発表されたビートルズカバーの名作中の名作

Plays the Beatles 1
Plays the Beatles 2
2作全26曲ですグロリューがビートルズの曲をクラッシックの作曲家の作風を模して演奏しています

例えば「イエスタディ」はショパン風、「ミッシェル」はラヴェル風等々・・・

グロリューのピアニストとしての技量の高さがうかがえます


CD化された現在は15曲入りに編集されて発売されたりしてます

決定版 ビートルズを弾く(2005)

ぜひ、オリジナルのフォーマットで再発してほしいと思います

同様のコンセプトのビートルズカバーにはジョン・ベイレスの「Bach Meets The Beatles」もあります
Bach Meets the Beatles(2004)

こちらはタイトルから想像出来るように、バッハがビートルズを弾く、と言うコンセプトのアルバム

ジャケットの雰囲気がLP時代のグロリューの「2」に似ているのは偶然でしょうか

整体院プラスワン。ではこの3作品をMDにまとめ、BGMにしています


お手数ですが宜しくお願いします

blogram投票ボタン

コメント

ゴキゲン♪

No title
おじちゃんも 今日は ビートルズちゃんの
カバーなYOUちゃんでもアップしちゃおうかな?
ヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ
非公開コメント

seitaiplusone

中野区で整体なら東中野駅より徒歩3分の【整体院プラスワン。】

164-0003 東京都中野区東中野4-10-17クアトロ1階

03-3371-4541

整体院プラスワン。のホームページ

ブログ村&Web拍手

web拍手をクリックしていただき お名前とurlを残していただければ 後ほど訪問いたします。

【写真AC】

「無いものはない」といえるくらいに多種多様な写真素材が登録された無料で利用できる写真素材サイトです

メルカリ

ムームードメイン

ドメインの移管や新規取得なら

お名前.com

リンク