FC2ブログ

お薦めのTHE BEATLESのカバーアルバム 10

今回はジャズボーカリストによるビートルズのカバーアルバムです


ヘレン・メリル

ヘレン・メリルによる「Helen Merrill sings BEATLES」は1969年末から70年にかけて日本でレコーディングされたアルバム
この当時、彼女は日本に住んでいたそうです
69年から70年と言えばビートルズが「アビーロード」と「LET IT BE」を発表した頃。このアルバムにも当該2作品からの楽曲が収録されてます
残念なのは、40年前の日本のミュージシャンの演奏能力、アレンジ力、録音技術の限界なのか、かなり時代を感じさせる仕上がりだと言う事。せっかくのヘレン・メリルのビートルズアルバムなのに、彼女の歌唱力が活かされてるとは言い難く、彼女が歌う必然性が感じられません。逆の意味でインパクト充分のアルバムと言えます

サラ・ヴォーン

サラ・ヴォーンはこのアルバム以前にも「ミッシェル」等のビートルズ曲を発表してました
1981年発表の今作「Songs Of The BEATLES」はDAVID&MARTY PAICHのプロデュースによるトリビュートアルバム。TOTOのサウンドコンセプトをクリエートした重鎮だけに、このアルバムも極上のAORに仕上がってます
「HEY JUDE」のエンディングと「ノルウェイの森」をミックスして演奏する等の小技が光ってます

Jhon Pizzarelli

ジョン・ピザレリの「MEETS THE BEATLES」(1998)はタイトル、ジャケットデザインと随所にビートルズ愛が感じられます
このアルバムで聴く事が出来るビートルズナンバーはゴージャスでカラフルな4ビートのビッグバンドジャズ

ジャズと言う音楽の懐の深さを知ることができるこの3枚のCDを整体院プラスワン。ではランダム再生でBGMにしています

コメント

非公開コメント

seitaiplusone

中野区で整体なら東中野駅より徒歩3分の【整体院プラスワン。】

164-0003 東京都中野区東中野4-10-17クアトロ1階

03-3371-4541

整体院プラスワン。のホームページ

ブログ村&Web拍手

web拍手をクリックしていただき お名前とurlを残していただければ 後ほど訪問いたします。

【写真AC】

「無いものはない」といえるくらいに多種多様な写真素材が登録された無料で利用できる写真素材サイトです

メルカリ

ムームードメイン

ドメインの移管や新規取得なら

お名前.com

リンク