FC2ブログ

究極の癒し系男性ヴォーカル~マイケル・フランクス

女性の癒し系のヴォーカリストと言えば、

サラ・ブライトマン、エンヤ、アンヌ・ドゥルート・ミキルセン...etc.何人かが浮かびます

ですが、男性ヴォーカルで癒し系となると・・・

マイケル・フランクスがオンリー1の存在でしょうか

彼の代表曲「Antonio's Song」はボサノバの創始者、アントニオ・カルロス・ジョビンに捧げられた曲

多くのアーティストにカバーされてますが、本家の味わいはひとしおです


1975年のメジャーデビュー以来、多数のアルバムを発表してきたマイケル・フランクス

整体院プラスワン。では彼の6枚のCDから選曲し、BGMにしています

art of tea「Art of Tea」(1975)
sleeping gypsy「Sleeping Gypsy」(1997)
burchfield nines「Burchfieid Nines」(1978)
tiger in the rain「Tiger in The Rain」(1979)
dragonfly summer「Dragonfly Summer」(1993)
abandoned summer「Abandoned Garden」(1995)

ジャズ、フュージョン系のバックミュージシャンによるタイトな演奏とレイドバックした

マイケル・フランクスのボーカルは整体院等のゆったりした空間にジャストフィット

彼の歌声は浮世の煩わしさを忘れさせてくれます


お越しいただきありがとうございました
お帰りの際は下記のクリックをお願いいたします
後ほど、こちらからもお礼のクリックに伺わせて頂きます

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ

にほんブログ村

blogram投票ボタン


fc2以外のブログからお越しの方はこちらもクリックお願いします

おきてがみ










コメント

seitaiplusone

ゴキゲン♪さまへ
石川セリさんが歌ってたのは知りませんでしたです。
似合いそうですね!
バックの演奏をラリー・カールトンとかクルセーダーズのメンバーが担当
していたので、そっちを目当てに聴き始めました。

seitaiplusone

SONOMIサマ(^O^☆♪
マイケル・フランクスはデビュー当時から年月を重ねた現在まで、
ず~とこんな感じなのが凄いです。
BGMに流れていて全然、邪魔にならないんですよ。

ゴキゲン♪

う~ん 大人な雰囲気ですね♪
じっくりと この方の歌を聞いたのは初めてかもです
うううう すみません お子ちゃまですんで( "・ω・゛)

でも Antonio's Songは 何度か聞いたことがあります
印象に残っているのは 石川セリさんがアルバム?の中に
収録してましたですね うん

SONOMI

おはようございます
ほんわりと聞かせていただきました
東京は毎日良いお天気が続いているのですよね
いいですね
今日もお仕事がんばってくださいね

いつもありがとうございます
たくさんの感謝を込めて
応援の ぽちぽち☆
非公開コメント

seitaiplusone

中野区で整体なら東中野駅より徒歩3分の【整体院プラスワン。】

164-0003 東京都中野区東中野4-10-17クアトロ1階

03-3371-4541

整体院プラスワン。のホームページ

ブログ村&Web拍手

web拍手をクリックしていただき お名前とurlを残していただければ 後ほど訪問いたします。

【写真AC】

「無いものはない」といえるくらいに多種多様な写真素材が登録された無料で利用できる写真素材サイトです

メルカリ

ムームードメイン

ドメインの移管や新規取得なら

お名前.com

リンク